カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
作家一覧
コンテンツ

松原 明美

「ちょうど良い」彩色と遊び心

「幼いころから笠間の陶芸を身近に感じる環境で育った松原さんは、
愛知県立瀬戸窯業高等学校専攻科と茨城県立窯業指導所を修了。’82年に初のグループ展に参加以来、磁器土などに彩色する器を創り続けてきた。
使う方々の「食卓を楽しくする。気持ちが上がる食器」を創りたい、と話す松原さん。
使われることが念頭にあるからか、料理を盛りつけたときの彩色の色合いや位置が絶妙です。



10商品
松原 明美 Akemi Matsubara

茨城県笠間市出身
愛知県立瀬戸窯業高等学校専攻科修了
茨城県窯業指導所研修生修了
笠間、益子、つくばなど各地にて器による個展、
グルーブ展 出展