カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
作家一覧
コンテンツ

渡邉 優〈工房とぼそ〉

「主張しすぎない」器と人柄

「名は体を表す」の言葉通り、渡辺さんの人柄は優しく穏やか。
当然の事だろうが、作品にも人間性は表れて、目立たないけれど使って飽きない器を生み出している。
約20年前に大病を患い、今でも左手は温度が分からないというが、青銅釉や炭化で、自分なりの発色を出すために焼成のチャレンジを繰り返している。
価格についても「少し安く感じてもらえるようにしたい」と、やはり優しい。



5商品
渡邉 優 (工房とぼそ) Yu Watanabe (STUDIO TOBOSO)>

1948年 長崎県生まれ
1976年 宇都宮大学大学院卒業
1982年 酒井一臣氏、佐藤泰正氏に師事 陶芸を学ぶ
1984年 笠間市金井に築窯 「工房とぼそ」設立
1988年 笠間市飯田に移転
1993年 ギャラリーザザにて初個展
2002年 茨城陶芸美術館、陶の杜の屋外展示 「蛙」を展示
2004年 笠間工芸の森公園内 時計塔の陶板を制作
2008年 友部SA陶器市にて販売中